個人事業主が受け取る助成金

法人でないと受け取れないと思われがちなものとして助成金が存在する。法人化の事業所よりは受取可能な助成金の種類は少ないが、返済不要ということもあって、安定的に事業を経営に乗せるための一助として活用する場合が多い。

個人事業主は、仕事が舞い込んでくるときには自らが動かなければならないことが多く、こうした役所関係の申請を後回しにしがちなことがあるとされる。その結果、申請期限を過ぎてしまって結果的に受け取れないということが起こり得る。

ただ、忙しいことの有無を問わずしっかりと申請し受け取れる場合には怠らずにしておくことで、その後の経営が安定することは言うまでもない。この助成金は返済不要であるために、受け取ることで安定して事業を拡張したり安定化させることにつながることから、時間を割いてでもしっかりと行うことが重要となる。

もし、個人事業主自身が多忙により申請するのが困難である場合には、「代理申請」という形で申請を行うことも可能である。行政書士等への代理申請の依頼も念頭に置くとよいだろう。

個人事業主が受け取れるものの種類としては、人材育成などに関するものが主となるが、個人で事業をする場合であっても従業員を雇用しないでいいというものではないから、従業員雇用に関する場合も雇用することで受け取れるものが存在している。こうした申請には、期間が設けられていることから、繁忙の有無を問わず、できる限り時間を割いてでも申請を優先することが求められる。

Leave a Reply